So-net無料ブログ作成

唐櫃(からと)の芸術 [さぬき]

DSC00445.jpg
10年ぶりの讃岐、ようやく豊島の美術館に到達。
DSC00493.jpg
入口で靴を下足箱に入れてから入場です。
DSC00507.jpg
内部の撮影は禁止なのですが、屋根には大きな穴が2カ所開いていて、北西?の開口からはこんな空と雲が切り取られて見えました。東南の開口からは、林の中から蝉の声が、シェルの内部に響き渡り、サラウンド効果が出て幻想的な雰囲気を出していました。内藤礼の水の芸術は予想を遙かに上回る不思議な動きをして、いつまでも見飽きません。生まれ出る時から流転して消失するまでの予測できないイベントの連続でした。座り込んで一種の瞑想に浸る方々も沢山。
DSC00510.jpg
DSC00532.jpg
どこかで水の噴出に気が付かず、湿った靴下を無理矢理靴に押し込んで、ショップにくれば、ここでも下足禁止で、あらためて紐を緩めて休息。
DSC00569.jpg
DSC00578.jpg
DSC00590.jpg
高台からなんとか内部が見えないものかと無駄な努力をして、惜しみながらの帰還となりました。

DSC00437.jpg
DSC00582.jpg
周辺からの景色もなかなかなものがあります。

(以下、時間切れで、車中からのスナップ)
DSC00594.jpg
DSC00599.jpg
DSC00604.jpg
DSC00607.jpg
DSC00613.jpg
DSC00622.jpg
DSC00627.jpg

(おまけ)
DSC00538.jpg
DSC00557.jpg
服装からすると、これがキアヌさんですね。
すれ違っていたようです。あれま。
nice!(10)  コメント(1) 
共通テーマ:地域

nice! 10

コメント 1

hako

https://www.tvgroove.com/?p=18794&amp=1
同時刻にキアヌが来てたらしい。運転手付きの怪しいワンボックスが居たので、それかな。
by hako (2019-09-09 07:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。